採用情報

先輩社員の声

リビック富山 販売主任
森 一真
H23年4月入社
経済学部卒

Q現在の仕事内容を詳しく教えて下さい。

関連会社のリビックに所属し、LPガスの直販部門で仕事をしています。当社が直接ガスを供給しているお客様宅を訪問し、セキュリティーサービス(保安点検)を行なったり、住宅設備機器の販売や取付工事をしたり、冬場の需要期にはガスの配送をサポートすることもあります。卸売部門に比べ現場作業は多くありますが、その分お客様と触れ合う機会が多い仕事です。様々な訪問機会を利用して、お客様とのコミュニケーションをとり、生活に関する“困りごと”や“不満”をお聞きし、それに対する改善提案をする“生活ソリューション提案”活動にも力を入れています。

Q仕事のどんな部分にやりがいを感じますか?

たくさんのお客様の笑顔を見られることです。お客様の不便な生活を改善できたとき、急なお困りごと(水漏れ、お湯が出ない、コンロの火が付かない等)を解決できたとき、

「森さんありがとう」の1言を頂けるのが1番のやりがいです!

また、皆様の快適な生活を支えるLPガス供給事業は、ライフラインを担う社会的責任の重い仕事です。365日24時間体制でLPガスの安全を管理しているという点では、警察官や消防士にも似た、責任ある仕事であると常に意識して仕事をしています。

Qこれまで仕事をしてきた中で、印象に残るエピソードを教えてください

オール電化住宅からオールガス住宅に燃料転換できたことでしょうか。あるお客様宅に点検に訪れた際、何気ない会話から別宅で採用しているオール電化の困りごとをお聞きすることができました。「冬場の暖房が寒い(エアコン)、シャワーの勢いが弱い(貯湯式電気温水器)、料理しにくい(IH使用)」など、現状感じておられる不満をオールガス住宅で解決することをご提案し、採用頂いたことがとても嬉しかったです。成約したことはもちろんですが、その後の訪問機会にお客様から「以前に比べ温かくなったこと、気持ちの良いシャワーには大変満足している。」とお喜びの声を頂き、私自身も本当に嬉しく感じました。

Q挑戦してみたいことや、将来の夢はなんですか?

老人ホーム等の大型物件へGHP(ガスヒートポンプ)=大型空調機器を導入してみたいです。今までにはない知識や技術が求められると思いますが、それを学べるのも楽しみです。将来の夢は「LPガス=北日本物産(リビック)と言われるようになる」ことです。

Q北物に入社を決めた理由はなんですか?

大学でスポーツ経営学を学び、地域密着の大切さを強く実感しました。地元富山県で地域密着型の企業を探していたところ、LPガスを通じてお客様と50年以上のお付き合いをしている北日本物産(リビック)に興味を持ち応募しました。

Q実際入社してよかった事はなんですか?

LPガスの知識はもちろん、住設機器全体の知識を取得することができ、快適生活を提案するための引き出しが増えたことです。また、お客様と接する中で、社会人としてのマナーや言葉遣いを学ばせて頂きました。お客様から「あなただから買う!」と言って頂いた時が、スキルアップした自分を実感できる瞬間です。あと余談ですが、ご当地の美味しいものが食べられるのも魅力ですね。 (ちなみに滋賀県だと近江牛が…笑)

Q就職活動中の学生さんへのアドバイスをお願いします。

この業種を志望したいという強い気持ちはものすごく大切なことです。しかし1度でいいので視野を広げてみて、色々な業種のことを知ってみるのも必要だと思います。私自身も就職活動時には色々な企業の会社説明会に参加し、まだまだ魅力的な企業がいっぱいあるのだと実感しました。

現在就職活動中の皆さん、まずは色々な企業のお話を聞いてみませんか?話を聞いていくうちに視野・考え方が広がるかもしれません。弊社は北信越、関西、関東と全国に営業拠点を持っており、お客様の快適生活を守る責任感の強い先輩社員が各地で活躍されています。就職活動中はたくさんの企業と触れ合い、その中でリビック(北日本物産)を希望してくれる人が1人でも多くいて頂ければ嬉しいです。リビック(北日本物産)でぜひ仕事がしたいという熱い気持ちの方と一緒に仕事できるのを心からお待ちしております!!

Q一日の出社から退社までのタイムスケジュールを教えてください。
7:30 出社(8:30からの朝礼までの1時間の間にお客様の点検用紙の準備、お客様の設置器具の確認、どのようなお困りごとがあるのかを考える大切な時間にしています)
9:00~15:00 お客様宅へ訪問し、セキュリティサービス
16:00~ ガスボンベの定期配送などの日常業務
17:30~ 帰社(日報・見積もり等事務処理)
19:00~ 退社
Copyright © Kitanihonbussan.Co. Ltd